2015年2月2日月曜日

フルフェイスじゃなくても、フェイスガードがあれば、冬のバイクでも暖かい


 現在、ホンダのDio110(スクーター)を足として乗り回しています。

 だいたい片道30分から1時間以内で、それ以上の長時間になる、ツーリング的な乗り方はしていません。


 手持ちのヘルメットは1つだけ

 以前はヘルメットを2つ持っていました。冬のフルフェイスと、夏の半ヘルです。

 が、片づけの虫がさわいで、スモールジェットヘルメット1つにまとめました。それが2012年11月のことです。

 それから今までは、本格的に寒い季節にはバイクに乗っていなかったので、問題はなかったのですが、最近は寒くてもバイクに乗ることが増えました。

 そうすると、スモールジェットヘルメットだと、けっこうな風がヘルメット内に入ってきて、顔とか首元から冷えるんですね。

 マフラーを巻いてしのいでいたのですが、寒いです。

 そんなバイク生活に革命がおこりました。


 フェイスガードというアイテムを発見!

 ある日、何か暖かいよさげなインナーはないものかと入ったガテン系のお店で、目がとまりました。

 「辿り着いた者にのみ許される保温力」「風を遮断!」「プレミアム裏ボア仕様」と、何この素敵アイテム。



 買っちゃいました。

 そしたらこれが素晴らしい。
 風と寒さへの耐性がグンと上がります、怪しさも上がるけど。

 このフェイスガードをヘルメット下に着用すれば、本当に風を防いでくれて暖かいので、マフラー要らずになりました。

 仕舞っておくのに場所もとらないし、よいです。
 もう手放せません。


 ただ難点が1つ。

 メガネだと曇る。コンタクトレンズだと問題ないんですけどね。


 次なる装備を求めて

 顔の装備はもうこれで最高値まで上がったとして、つぎは手と体です。